社会人になってから知り合いや友達との出会いを増やす方法とは?

異性との出会いをゲットするためには、とかく“積極的に人とコミュニケーションをとること”が重要です。

より多くの「人」とコミュニケーションをとることができれば、その人だけでなく、その人から繋がる可能性にも大きな期待ができます。

無理をする必要はありませんが、選択肢を把握しておくだけでも大きな違いがあります。

同性、異性共に知り合いが多い人と友達になる

世の中にはさまざまな人がいます。

性格はもちろん、容姿もまったく違う人がいるわけです。

いわゆる美男美女と評される人がいる一方、ブサイクやブスと評されてしまう人もいます。

しかし、街を見渡してみるだけでも「美女と野獣」と評せるようなカップルがいます。

このことからも、必ずしも容姿の程度が同じ男女がカップルになるわけではないことが分かるわけですが、その最たる理由は「人間性」と「好み」です。

「B専」などということもありますが、要するに「世間一般的に評価されない容姿や性格の人を好む人」のことです。

絶対数は少ない可能性が高いとはいえ、そういった趣味趣向の人がいること自体は確実である以上、「対象者を増やす」という行為が素敵な出会いゲットに直結します。

自身で交友範囲を広げられないのであれば、その有効な手段となる友人を作る方向に動いてみましょう。

性別を問わず、兎にも角にも交友範囲を広げることが出会いをゲットするコツです。

出会った人には必ず連絡先を交換する

交友範囲を広げるためには、兎にも角にも新しい友人や知人を作ろうと努力することが大切です。

社会人ともなれば、男女を問わず新しい知人ができる機会は多いでしょう。

営業先の受付や女性でも何ら問題はありません。

まずはそこから切り崩すつもりで名刺を渡してみましょう。

プライベートな連絡先を渡すことに抵抗を感じてしまう人もいるでしょう。

会社支給の携帯電話やスマートフォンがあれば問題ありませんが、個人所有の場合は格安SIMやデータSIMを上手に活用してストレスを軽減することができます。

SNSを使って共通の趣味の人を見つける

今や、SNSを使って行うコミュニケーションは「当たり前」になっています。

リアルな友達ですらSNSを介して行うコミュニケーションが普通になっているわけですから、他人とのコミュニケーションでは一層大きなウェイトを占める状況です。

SNSを使用して行う場合、まずは「共通の話題を持っている人」を目指していく方法がおすすめです。

特に共通の趣味を持っている人ならば話題に事欠かないので仲良くなりやすく、そこから出会えるチャンスが生まれることもあります。

SNS上で「ハッシュタグ」などを使って発信している情報は簡単に検索できるだけでなく、自身も同様のハッシュタグを用いて発信することによって、第三者との接点を得られる可能性もあります。

SNS利用者の多くは、「自身の感性を共有したい」と思っているので、きっかけとしては非常に優秀です。

異業種交流会などに積極的に参加する

たとえば、「属性(趣味、年齢、職業、特技など)を限定した婚活または恋活イベントに参加する」という方法は、出会いを求める男女にとってこの上ないチャンスです。

これらの場においては、お互いに恋人(以上)を求めているという前提条件があるため、非常にスムーズに進みます。

しかし、前提条件が違えば状況は大きく変わります。

共通の目的があるからこそコミュニケーションをとりやすい環境も、一方(特に受け手)がそうでなければ上手くいかなくなってしまうこともあるでしょう。

また、婚活や恋活はコスト面でも大きな負担を負うことにもなり兼ねないので、しっかりと環境を選択することが重要です。

ただ、お互いに目的が共通できていない状況でも、交友関係を広げることは良い出会いをゲットするチャンスを広げる機会としては非常に有効です。

特に、日常的に触れ合う機会が合い人(業種や業界)は狙い目となるため、この手の集まりに参加する方法は用件等でしょう。

名前や連絡先を交換できる名刺などは必ず携帯しておく

特に男性は感覚的に理解できるでしょうが、「ちょっとしたきっかけでも自身の存在を認識、さらいは記憶させるためのツール」を活用することはとても大切です。

要するに、「名刺」の価値が高いことを意味しているわけですが、こういった準備を整えておくことが出会い(のチャンス)を拡大させるうえで有効です。

一言、自分の名前や所属を名乗るだけでも覚えて貰える可能性はありますが、多くの人はすぐに忘れてしまいます。

しかし、名刺を見れば何となくでも思い出すことができるので、日常的に携帯しておく価値があります。

もし、名刺を携帯していない状況だとしても、何かの切れ端に名前と電話番号を書いておくだけでも良いので、何かしら自分を紹介できるツールを携帯する意識を持ちましょう。

関連記事

関連記事

NO IMAGE

「出会いがない」と嘆いている男女にありがちな特徴4選